FC2ブログ


*admin*entry*edit*file*plugin


若様の調教記録  INDEX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浣腸調教依頼 

はじめまして。ひかりです。
若様に調教をしていただき、
恐れ多くも、ブログを作らせていただくことになりました。
よろしくお願いします。


以前、SMの経験があり、浣腸も少しだけ経験があったのですが、
数年離れていました。

で、なぜか今年に入ってから、またM気が湧き出してきてしまいました^^
数ヶ月前に若様のHPを見つけて、拝見しているうちに、
いつの間にか、とても気になり始めている自分が誕生していました。
そしてそのうち何回も、調教依頼のフォームに書き込んでは、
送信ボタンを押せず、戻るをクリック・・・・
そんな日続いていたのですが・・・・


Mモードが炸裂したある日、決心して、というより、その時の気持ちの勢いで、
「送信」ボタンを押してしまったのでした。



「魔がさして送信ボタンを押しちゃいました」
と若様にお話をしたら、
「なるほどね~」と言いながらも大笑いされちゃいました^^;



「魔がさした」と言っても悪い意味じゃないですよ
それまでず~~っと躊躇していたのに、
ある日、本当に勢いで押してしまって、
その直後、「あ。。。押しちゃった。。。」という
期待と不安と少しの後悔(笑)とが入り混じった複雑な心境だったのです。



浣腸依頼のメールを送った翌日、すぐに若様からお返事メールがありました。

自分から依頼をしたにもかかわらず、
「若の部屋」という表示のメールが届いた時は、もう開ける前からドッキドキ・・・

でも、とても紳士的なメールで、不安を取り除いてくれる内容で、
ほっとしました。

そして、2~3回メールのやりとり後、
「日程はいつがいいですか?」


え~~~~っ! も、もう日程ですか~~~?
早すぎませんか~~~~っ?
まだ心の準備が・・・・・・

っていうのが本音でしたが、そうも言えず、
空いている日をお伝えしたところ、
「心の整理がついていないと思うので、一度電話でお話しましょう」とのお返事がきました。
さすが!相手の心を読んでいる方!と、とてもうれしく思いました。


お電話では、HPで見る鬼畜キャラではなく(笑)、
むしろテンポよく話されて、爽やかな印象でした。
とても優しそうで、明るくお話をしてくださいましたが、
それでも動揺してしまい、いろいろとお聞きしたいこともあったにもかかわらず、
お聞きしたい内容がすべて頭の中からどっかに行っちゃってました~~っ

これまでの経験だとか、その他当日の撮影に関してとか、お話をしましたが、
あまり、内容も覚えてない・・・・
(それくらい動揺してたんですっ)

そんなこんなで、あっという間に日程が決定しました。

まだまだ心の準備は整っていないのに・・・
と思いつつも、もう後に戻れない!と覚悟が決まった感じもありました。


墓穴掘ってしまいました・・・・・ 

お電話では動揺して、これまでの経験とか聞かれても、
ちゃんとお答えできなかったので、
メールにて、ご報告・・・・


以前の方がかなりハードだったので、
縛り・ろうそく・洗濯ばさみ・浣腸 などはもちろん、
フィストや針も経験がありました。
(痕が残ることはNGだったので、鞭や吊りは経験なし)
針はすごく痛かったし、何度やっても恐怖心がなくなりません。
でも若様は浣腸系であって、そういった路線ではないから
伝えたところでノープロブレム!
と思って、全部正直に伝えました。


その返信メールには・・・・・



針、いいですね♪
洗濯ばさみと針はいっぱい持っていきましょう^^



ガ~~~~~ン!
ウソでしょ~~~~~~!!!



しかも、その前までのメールで、
「どんな責めでもやる前から『それはイヤだから、やらないでください』ということは言いません」
なんてこと言っちゃってたし・・・・・
やばっ!


すぐさま、「洗濯ばさみはまだしも、針は怖いです・・・」って返したのですが、
「『洗濯ばさみはまだしも』ですね。
じゃ、あるだけ持って行きます。
針は怖いだろうから少しだけ・・・」


あるだけ!!!????
少しだけって!!!????


会話を続けるたびに、墓穴を掘っていく私でした・・・



日程が決まり、覚悟を決めていたものの、
なんと、予定の直前に生理になってしまい、1週間延期になってしまいました。

1週間という時間がまた不安を増大させていきます。

ある程度、質問や不安についてはメールでお聞きしていたのですが、
もっと抽象的な不安がいっぱい。
何を質問していいかどうかわからないんです。

結局、不安を紛らわせるために、
毎日のように、内容のないメールを送ってしまいました。
そんなメールにも、若様はちゃんとお返事をくださり、
気が変わることもなく(笑)、途中で逃げ出すこともなく(笑)
初調教の日を迎えました。


お電話の時に、
「前日から排泄は我慢したほうがいいのでしょうか?」
という質問に、
「できれば、2日前から排泄を我慢してきたほうが楽だよ」
と言われたので、
2日前から我慢するものの、
もともと便通のいい私には、
それ自体がすでに調教開始といっても過言ではないくらい辛い!!!!
すでに2日前から辛さと同時にMモード突入 笑


何も入れなくても出そうなのに、これで浣腸されたら・・・・
ムリ~~~~~~!!

とまた別の不安が1つ増えながら、
いよいよ初調教です・・・


8/18 初調教 1 

緊張しながら、待ち合わせ場所で待っている間、
その近辺に車が停まるたびにドキドキしてきます。
停車する車の運転席の男性がすべて若様だと思ってしまいます^^;
そんな中1台の車が停まり、にこやかに「こんにちは」と車を降りてくる男性・・・
優しそうでほっとしました。
(第一印象--この方があんなことするの???)

車の中で、緊張を解くように、世間話をしながら、あっという間に目的地(ホテル)へ到着。。。

車からすごくたくさんの荷物が・・・・・
それを見て、またまた緊張が高まります。

お部屋に入って、若様がいろいろと準備をしている間、
実はずっと足の震えが止まりませんでした。

そして、おもむろに「縛ってみようか」・・・・
「はい」
みるみるうちに、後手に縛られていき、その縄を上のフックに・・・。
そして、股縄を引き上げられてその縄も上のフックに・・・。
思わずつま先立ちになってしまいます。
・・・とそこでタイミングを見計らったかのようにビデオ撮影のK様登場!!!
そんな恥ずかしい姿のまま、
「ひかりです。よろしくお願いします」
と情けない声でご挨拶・・・。

その後、鞭やローターや電マで責められながらも、
イキそうになると「まだだめ」と止められて、余計に感じてしまう私・・・。
そしてそのまま目隠しが!!!!!
「針だよ」という言葉とともに、おっぱいのいろんなところをツンツンされて、
もう恐怖心だらけで「怖いよ~~」の連発・・・
でも初調教だからということで、刺さずにお許しくださいました。
ホッ。。。
やっと縄を解いていただいた時には、足がガクガク・・・・

それもそのはずです!
30分近くずっとつま先立ちでいたそうです。
縄を解いた後、「ずっと爪先立ちしなくてよかったのに」って言われましたが
つま先立ちを解除できる状態になっていたということにも
つま先立ちでずっといたことにさえも、気づいてなかったんです。
それくらいずっと舞い上がっていました。

そして、あの恐怖の源、「針」は実は針ではなく、
他のもので脅していただけだったそうです!!!
本当に怖かったのに~~~~~~~っ!!!


8/18 初調教2(鞭) 

ちょっと雑談をしながら休憩をして当日初めてのリラックス。

が!「もう大丈夫?」と言われた瞬間に、Mモードに戻る私。
今度は、呼吸が苦しくなるような姿勢で縛られて、口には口枷が・・・
緊縛している縄が上のフックに止められているので、とても不安定な状態。
そんな中、K様はどアップでビデオをまわし続けます・・・。
「恥ずかしいから撮らないで~~~っ!」
と無意味であろうとわかりきった言葉を叫び続けていた気がします。

そのまま一本鞭で何度も打たれ、
どんなに痛くても、しゃがむこともできず、ひたすら耐えるのみ。
そのうちだんだん、思考がフワフワした感覚になってきて、
気持ちよくなってくる~~~ 

この縛りはだんだんと呼吸が苦しくなってくるらしく、
鞭を打たれている間は、気づかなかったのですが、
鞭が終わって、縄にぐったりともたれかかっているうちに
だんだんと苦しくなってきて、
またまた気持ちよくなってくる~~~

若様は「苦しかったね」(言葉は優しいけど、きっとニコニコしてたと思う・・・)
と言いながら縄を解いてくださりました。

でもね
本当はもうちょっと縄にもたれかかっていたかったりする・・・ 笑
今度は少し放置してくださいね♪
(↑きっとこれが自爆発言となって、次回後悔するんだろうな・・・)



しばらく朦朧としていましたが、
やっと復活してきた頃・・・・

若様とK様が私のお尻を見て、「あ~~~っ!すごい鞭痕!」


え!?  痕だけはNG・・・って言ってあったのに。。。


若様「ごめんね~~ あまりにも反応が楽しすぎて、調子に乗っちゃった」
(ごめんねといいつつも、顔はまたまたニコニコしていました・・・)



・・・・・・・・・・・・・




最初の緊縛も2回目の緊縛も、全身がずっと痙攣し続けていたようです。
他の責めや快感でイクのとは異なる感覚ですが、
いつの間にか、イッてしまっていました・・・・・

「こんなエロい写真が撮れたよ」
って見せていただいたのに、
恥ずかしすぎてよく見れなかったです。。。。。。。


8/18 初調教 3(浣腸) 

いよいよ責めはお尻に・・・・

拘束台に縛り付けられて、アナル責めです。
指やバイブでアナルをほぐされながらも、感じてしまいます。


そして、その場から離れたと思ったら、
ジョボジョボとグリセリン液を作る音が・・・・!!!
初めて見るガラス浣腸器を見せられて、またもや緊張・・・
「1000ccあるから・・・」
まずは500cc入って、アナル栓でふさがれ、
さらにその上から(たぶん)電マで押さえられ
振動の快感と浣腸の苦痛に耐えているうちに・・・






イッちゃいました。。。。





押さえる手を緩めていただいた途端に、一気に排泄・・・・


恥ずかしい。。。。。。。


続けて、もう一度500cc入れられ、
これは耐え切れずにすぐに出してしまいました。


ごめんなさい・・・


いつまでたっても出続けます・・・
やっと止まって、放心状態のうちに、
若様とK様が汚物の散乱したシートを片付けてくださっていました。

とその時!
 
「あ~~~っ!!!また出ちゃいます~~っ!!!」
「トイレで出してきていいよ」

意外なお言葉・・と思いながらトイレにしゃがんだら・・・・
後ろから嬉しそうな顔をしながら覗き込んでる・・・・・
普通にトイレになんか行かせてくれるわけはなかった・・・ですよね・・・



その後、イチジク4個。。。
3個目を抜いて、4個目を入れるまでの間の数秒は、その間にも出ちゃいそうな感じで、
「出ちゃうから早く入れて~~~~~っ!」
と心の中で叫んでました。
「入れて」なんて言葉を口にしたら、もっと大変なことになる!と、
ごくわずかに残っていた思考回路か、動物的本能が、
心の中での叫びにとどめていたに違いありません・・・ 笑


最後はもうかなりグッタリ・・・。




でも、調教していただいて嬉しかったです♪
若様、K様、ありがとうございました。
またよろしくお願いします♪


9/16 調教 1(鞭) 

若様の2回目の調教を受けてきました。
今回は初回のような緊張ではありませんが、
事前に「苦痛系に重点をおきます」と宣言されていたので、
別な不安でいっぱいでした。

ホテルに付き、エレベーターに乗る際、荷物バッグのところから、
白い鞭が少し覗いていることに気づいちゃいました。

(えっ!これって以前、「これは痛いよ」と言われていた鞭のはず・・・!!)

さらに不安が高まります。

始まるまではたわいもない話をしていたので、
ちょっと気持ちが落ち着きましたが、
それでもいざ若様が縄を手にすると、
一気に緊張が走ります・・・

「はい、立って」「はい」 その言葉ひとつで一気にMモード全開・・・・

みるみるうちに体中に縄が廻って、
左足が持ち上げられて、片足吊りです。

不安定な状態のまま、
バラ鞭がビシバシと!
片足で立っていて踏ん張れないことと、
打たれた衝撃にも上半身を動かせないために、
痛さはどんどん増してきます。

どれだけ打たれたのでしょうか?
バラ鞭だけでお尻は真っ赤になっていました。

そして、ほんの少しの休憩(今回はあまり休憩もさせていただけません 泣)の後、
拘束台で手足を拘束されて、
ケインという竹の棒のようなもので腿の内側をペシペシと叩かれます。
軽くペシペシだったのでたいしたことない?と思ったのですが、
甘かった・・・ 段々と強くなっていきます!
鞭とは違う痛さで、時間差で痛みがくるような感じでした。

そして、その後、一本鞭が何度も振り下ろされます。
まずは前回同様の黒い鞭・・・
まだ恐怖心はあるものの、先日強烈な一本鞭にも耐えられたから、大丈夫かな?
とポジティブ思想で挑んだものの、
今回は、手足を拘束されているせいか、
するどい痛さに感じます!

(痛い!痛い!痛い!) 心の中では泣き叫び続けていました・・・

そしてあの白い鞭が登場!
ずっしりと体の中まで痛みが伝わってきます。
重い痛み・・・・

四つんばいになっているものの、手足の力が抜けてしまい、
肘・膝を折り曲げた状態になると、
「ちゃんと四つんばいになって!」と言われ、
また姿勢を取り直して、また打たれ続け・・・・・

バラ鞭、ケイン(この時のは超痛かった~~っ)、一本鞭と、
さらに続きます・・・・

(いつまで続くの・・・・?)

最後に数発、強烈な痛みを伴う一本鞭でやっと鞭責めから開放されました。
いつものことながら、朦朧状態・・・・

やっと手足の拘束を解いてくださり、
ギュっと抱きしめながら、「がんばったね」
やっと訪れた至福の時♪
それまでの耐えることしか許されない時間から開放され
その後に与えられる私にとって最大のご褒美。


当然、その時、一気にMモードからも開放されるわけです・・・


なのに!なのに! まだこれで終わりじゃなかった!!!!!!!!


至福を味わっている私に向けられた言葉は

「はい、四つんばいになって」

ん!??

言われたとおり四つんばいになると針を取り出し、「次はこれだな」
触るだけでも痛くなっているお尻なのに~~
そのお尻に針をツンツンし始めて・・・・・

(今日の若様は鬼畜すぎる~~~~~っ!!!!)

最後にギュ~~ッツとお尻を握ると
「あ、血が出てきた~」と楽しそうに笑っている・・・・・
やっと満足していただけましたか・・・・・


後からお聞きしたところ、
2時間半くらい、ずっと鞭を受け続けていたそうです・・・・・


私、「浣腸調教依頼」はたしかに出しましたけど、
「鬼畜調教依頼」は出した覚えはありましぇ~~~んっ  大泣


9/16 調教 2(浣腸) 

やっと少しの休憩をいただき、浣腸です・・・

まずはアナルの拡張から・・・

指を入れてグリグリした後、
前には電マが当てられ、
後ろにはポンプのついたようなものを入れられます。
シュポシュポ・・・というポンプを握る音が聞こえるたびに、
被虐感上昇・・・・

痛くはないのですが、
空気で膨らんだソレ(名前わからない・・・)が入ってくるたびに
すごく不思議な感覚・・・・
入る瞬間がなんとも言えない感覚です・・・


しばらく拡張していただいた後、
左右に2つ用意された椅子の上にM字状態でしゃがんだ状態で、
上半身を上からフックで固定されてしまいました。
完全にしゃがんでいるわけじゃないので、
足がとても辛い・・・

そして300ccのグリセリン液が入ってきて、
我慢しながら、電マが当てられます。
電マでイキそうになるものの、
この姿勢はちょっと気を抜くとすぐに出ちゃいそうになるので、
(普通に和式でする時とほぼ同じ格好なんだから当然です・・・)
苦しさを我慢することのほかに、
出ないように我慢するコトそのものが難しい・・・・
とはいうものの、
電マの快感と浣腸の苦しさは段々と増してきて、
気持ちいいのか、辛いのか、自分でもわからなくなってしまいます。

やっとお許しをいただき、排泄となるのですが、
この姿勢での排泄はかなり恥ずかしいです・・・・
どんな姿勢でも、恥ずかしいことに変わりはないのですが、
立ってM字状態というのは、恥ずかしさランクはかなり高そう・・・・・

もう1度グリセリンを入れられて、
同じ状態での排泄・・・・・

今回は浣腸の辛さは前回に比べるとそれほどなかったのですが、
浣腸羞恥責め~~でした・・・・

洗面器に溜まった排泄物をトイレに捨てに行き、
洗面器をシャワーで流していると、
突然、お腹の中に残っていたモノがグルグルとしてきて・・・
「出してもいいですか?」と聞く余裕もなく、
トイレに出してしまったら・・・・・・

「誰だ!トイレに出してるのは!!」

やっぱり、バレますよね・・・・

「ごめんなさい・・・・・」
と言った時には、すでにカメラを構えた若様がもう後ろにいます・・・・
早っ!!! 

若様の排泄の気配を感じる神経=運動神経は直結しているのでしょうか? 笑



今回の浣腸は、
見た目にはエグいそうですが、やっている方(若様)は、
プラグも入れられないし、(この姿勢では入れてもすぐに出てしまうそうです)
我慢させている時、ほかのことができないからなぁ・・・・
と少し欲求不満だったようです。


ということで、今回は、若様にしては珍しく、
鞭責め>浣腸
となってしまったようです。

次が怖い・・・・・

10/9 調教(蝋燭・鞭・浣腸&鞭) 

「殿&姫の会」にご一緒させていただいたきました。
若様からの本格的な調教は3回目。
でもこれまでとは違った緊張感が・・・・
その雰囲気もわからないし、
これまで撮影やミルキーでお会いした方も数人いらっしゃるものの、
なかなかお話することもできず・・・・。

若様と共に別室に移った後も、その緊張感が持続していて、
若様が準備をしている間も、
隅っこでドキドキブルブル・・・・・・

そして、撮影のY様、T様が別室に来られて、
調教開始となります。

いつものように、胸に縄が回されて・・・といったスタートになると思いきや・・・


若様 「今日は縛らないから。   でも動いちゃダメだぞ!」
???
ボールギャグをつけられ、
それ以外はなんの拘束もないまま四つん這いにされます。
「動いちゃダメだぞ」の念押しのように、
四つん這いになった両足の足の裏を、若様の足で踏まれ、
覚悟を決めさせられます・・・・・
この時点で、一瞬のうちに見えない縄がかけられた感覚・・・・

そして、身体中に蝋燭が垂らされて、
低温蝋燭だったので、お尻とかはその度にビクッとするだけでしたが、
背中はかなり敏感です!
背中蝋燭責めで感じ始めちゃいました・・・・
でも・・・姿勢を崩す度に、また四つん這いに戻されます。
そして、そのまま、すぐに一本鞭に突入~~!!!!!
蝋燭の熱さを意識していた体は、
いきなりの鞭の刺激にの反応しきれず、

(ウゥッ!!!!!)

「動くな!」

またもや鞭で逝っちゃう・・・・・・
身動きできない状態での吊り&縛り(強制的に動けない状態)&責めと、
拘束もされずに自分の意志でその姿勢を保たなければならない中での責めは
受け入れる感覚が異なります。
精神的に追い込まれてきます。
こんな状況がさらに私の気持ちを昂ぶらせてくれるみたいです。

その直後には一気にアナルに浣腸器が!
いつもなら、アナルをほぐしてくださり、
それで心の準備が整うのに、その間もありませんっ

みるみるうちにグリセリン液が身体の中に入って行き、
「ア~~~ッ!」
と思った次の瞬間、またもや鞭が!!!!!!

(痛い!)

鞭自体はこれまでよりも軽めに打ってくださっているのは、
感覚的にわかるのに・・・
鞭ONLYの時はその痛みを受ける精神状態になっていますが
浣腸&鞭だと、浣腸の苦しみを耐える方に意識がいってしまい、
鞭を受ける状態が整っていません!
そのせいか・・・・・

(痛い!でもいい~~!)
(苦しい・・)
(痛い!でもいい~~~っ!)
(苦しい・・・)

の繰り返し・・・・・・

「いつでも出していいぞ」と言われますが・・・・・
苦しいのに、出すことができません!!

何よりも、早く排泄して楽になりたいのに、
我慢が続けられるというよりは、
排泄したくても排泄の仕方がわからない(?)ような感じです。

排泄できないでいると、
またグリセリン液が追加され、さらに鞭が!

自分の意識と体が伴わないという状況に混乱と焦りが・・・・・・・
すると突然、排泄我慢の苦しさ&お腹の痛さが激しく襲ってきました!!!
排泄を許され、恥ずかしながらも、洗面器に排泄し始めると・・・・
なんと、排泄の最中にも容赦なく背中に鞭が!!!!!!!!!!!!!
これはまさに想定外で、頭の中はさらに混乱状態!
もう何が何だかわかりませんっ

若様は、この責めで、鞭を打っている最中に
おもらしをしてしまうのではないか、という想像をしていたようですが、
そっちの方がどんなに楽だったか・・・・ 笑
まさか、自分で、排泄の仕方すらわからない状態になってしまうとは!!

排泄後もまだお腹が痛く、それを伝えると、
「じゃ、お腹が痛くなるのを治してあげようね」
と優しく、でも鬼畜な笑みの中、
さらに浣腸→また浣腸・・・・・
ヘロヘロになりながらも、また逝き続け・・・・・

それにしても、
蝋燭→鞭→浣腸&鞭→排泄&鞭 と、
息つく暇もない連続プレイだったので、(全く休憩なし!)
ずっと逝きっぱなしだったような・・・・・・ 恥



やっと初めての休憩をいただいた後は、
また軽く(胸縄のみ)縛られて、バラ鞭が!
最初の責めで体中が敏感になっているせいか、すぐに逝っちゃいました。
そして、そのままフリーになっている両足を若様の足で払うように広げさせられ、
股間には電マ、身体には鞭が!
両足は広げさせられても、拘束されているわけではないのに、
その前の責めでの「動かすな!」の呪縛にかかったまま・・・・・
これまでの若様は電マでも電マ焦らし責めだったのに、
今回は、何回逝っても、押し続けます。
電マって、最初は快感なんですが、数回逝っちゃった後にも押し続けられると、
苦痛を感じ始めます。
そんな状態になっても押し続ける若様は初めてで、
さらにパニック状態!

やっと縄を解いていただきましたが、
解いていただいた後、うずくまって呼吸を整えていると、
そのままベッドのふちに誘導され、
背中に若様の足が!
無言で四つん這い命令です


そして、またバラ鞭→一本鞭が飛び交います。
最後の背中への一発で昇天・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回はジェットコースター級の責めでした・・・


言葉の呪縛は縄以上に、
精神的Mを引き出し続けてくださったようです


そして若様の「吊り責めはミルキーで」の一言で、
調教終了後も、モード解除はできないひかりだったのです・・・


追記:
↓画像と若様の速報はこちらでアップされています。
「おっぱいと浣腸の世界、若の部屋」 若のDiary



11/14 調教 1(電マ・蝋燭・鞭) 

今回は、ホテルA-inじゃなくって、普通のラブホです。

部屋に入る早々から、「狭いなぁ~~ 天井も低いしこれじゃ鞭振れないよ~~」
と若様と撮影担当のO様は、少々不満気味ながらもあの手この手を考えている様子。
普通のラブホなので、当然吊りの設備なんぞやあるはずもなく・・・・。
「どうせベッドなんて使わないんだから、こんなに大きなベッドは必要ないのに・・・」
いえいえ、めちゃくちゃ広いベッドではありませんよ!!!
それよりも私の第一印象は   「普通のお風呂がある~~」でした 笑


そして、おふたりはいきなりその部屋にあったテーブルを移動し始めて、
プレイゾーンを作り始めます。


若様がライトの設置をしている横では、O様は、若様の持参したお道具を
ソファーの上に並べ準備し始めます。
なんと、慣れた手つきのこと・・・・
優しそうな顔をしておりますが、心の中は・・・・・!!!!! 笑
その間私は、何もできず、部屋の隅で見ているしかありません・・・


いつもは後手に縛られるのですが、今回は、腕を前に組まされ、
胸縄が施されます。そして、お腹・腰を縛られると、
足全体・両足の親指までグルグル巻きにされ、
仰向けに寝かされて、もう動けない!!!
股間の敏感なトコロには電マが当てられ、最初は弱かったのですが、
徐々に強くしていきます・・・

(ギッチリ縛られるとその拘束感で感じやすくなっちゃいます・・・
しかも足を閉じた状態での電マはすぐに逝っちゃう・・・
ということは!今の私、とてもヤバい状態???)

乳首・乳房・お腹・・・とあちこちにクリップがつけられ、
バラ鞭で払い落されて・・・・・・・。
そして顔には全頭マスクが!
見えない恐怖感のせいか、さらに敏感になってきます。
その間にも電マはだんだん強くなってくるし!!!!!
 
(次は何をされるんだろう・・・・)

そんな不安感をあおる中、若様のとった行動は
思いもかけないことでした。
マスクの上から若様の足が!
軽くですが踏みつけられ、その足の裏が口と鼻を塞ぎます!!!!!!!
苦しくなってくると、離してくださるのですが、
それが3~4回繰り返され、呼吸を整えるのが精一杯。
さらに、蝋燭が体中に垂らされて・・・・。
どこに落ちるかわからない不安・・・・・・・・。
もちろん、この間も電マは動き続け、
感じて膝を浮かせてしまうと、膝を踏みつけられ、

(逝きそう・・・・)
「(逝くのは)まだ早い!」「はい」

自分の手に蝋燭が持たされ、自虐蝋燭責め状態にされ、

(逝っちゃう・・・・)
「逝くのは)まだ早い!」「はい・・・・」

蝋燭からやっと解放されたと思ったら、
今度は横から上からと蹴られてきます・・・

(だめ~~~っ 逝っちゃう・・・・)
「(逝くのは)まだ早い!」「はい・・・・・・・・・」


これが何度繰り返されたことでしょう・・・・・・・。


さらに電マが強くされ、とうとう我慢しきれずに・・・・・逝ってしまいました・・・・・・!
さんざん逝くことを我慢させられたあげくに、
一度逝ってしまうと止まることなしに、
何度も何度も逝ってしまいます・・・
後から若様に「何回逝ったんだ?」と聞かれましたが、
「わからないくらい、いっぱい・・・」としか答えられませんでした


さらにここで驚くべきことが起きていたようです!!!!!!!!!!!

逝きながら、私の身体は背中を浮かして、
「ブリッジ」をしていたらしい・・・・・。
後でお聞きして、「嘘だぁ~~」と言ったら、
ビデオのキャプチャーを見せられて・・・・ホントだった・・・・・・。
また新たな「マッスル」を披露してしまったようです。
おまけに背中にはくっきりと縄の痕が!
ちょうど背中の縄のところを支点にして
ブリッジしていたらしい!
(たしかに、これは若様のせいではありませんよね・・・・・・・)



そして、やっとご休憩をいただいたと思いきや、
すでに次のセッティングをしているではありませんか~~~!!


ソファーに上半身を預け、四つん這い状態で構えさせられ・・・
お尻・背中とバラ鞭が・・・・・・・・!!

(一本鞭よりは大丈夫なはずだから・・・・・)

そんな私の楽観的な予想は大外れ・・・・
きっと若様も同じことを考えていらしたのでしょうか?

すでに私の弱点を知っている若様は、
そこをめがけてビシバシと打ち続けます。

そして、あっという間に、あっちの世界に送り込まれてしまっていました・・・・・・・・・

朦朧とし始めた私に待ちかまえていたのは、
若様のメインイベント!でした。

(to be continued .......)



↓画像と若様の速報はこちら
「おっぱいと浣腸の世界、若の部屋」 若のDiary


11/14 調教 2(浣腸&バラ鞭) 

バラ鞭の後、ちょっと若様が離れたかと思ったら、
洗面所から水の流れる音が聞こえてきます。

(浣腸液・・・・?)

それでも私は四つん這いのまま待つことしかできません。
私の後ろではビーカーの中でガラス浣腸器でグリセリンを混ぜる音・・・
この音を聞く瞬間はとても緊張してしまいます。
(その後の苦しさを想像してしまうから・・・・・)

そしていよいよグリセリン液が入ってきます。
入れ終わった途端に・・・・これまでよりも苦しい・・・・・・!
(いつもよりも濃かったそうです)


実は2日前から排泄禁止を約束していました。
なのに、その前日、私にとっての「事故」がありました!
出なかったのです・・・・・
結果、3日間我慢するはめに・・・・・・・・!!!!!!!
調教当日は朝から泣きそうになるくらい辛くって・・・
何も入れなくても出そうな状態だったんです。


そんな私のお腹の中ではグリセリンが大暴れしてます!
「苦しい・・・」
「じゃ、苦しいのを忘れさせてあげるからね」
とバラ鞭が当たり始めます。
若様曰く、浣腸された後、逝っちゃうと出なくなるそうなんです。
たしかに前回は、浣腸後に鞭を打たれていたら苦しいのを一時忘れる状態でしたが、
今回は、バラ鞭の快感と浣腸の苦しさが、同時進行しているのです!!

「苦しい・・・・・・」
「でも出ないみたいだから、出させてあげるからね」
グリセリンが追加されてしまいました。

「苦し~」「出ちゃう~」
そして・・・・・排泄してし始めてしまうと
排泄中にもまた背中にバラ鞭が・・・・・!
また出なくなってしまいます!!!
恥ずかしいを通り越して、
出したいのに出てこない焦りみたいなものがこみ上げます。

「苦し~」「お腹痛~い」「出ちゃう~」「出ない~」
私の口から出てくる言葉はこの4つのみ。

「そっか~ まだ出ないみたいだから、出させてあげるからね」
さらに追加・・・・・。
もうその時には、どんな言葉を発していたかは、覚えていません・・・

やっと排泄が終わったら・・・・・すごい量・・・・・ 恥ずかしい

「シャワー浴びてきていいよ」
と言われシャワーを浴びていると、またお腹がグルグル・・・
「あのぉ~ また出ちゃいそうです・・・・・」
「洗面器を持ってきなさい!」

え~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!

しばらく躊躇してしまいましたが、洗面器を持っていくと、
ビーカーとエネマシリンジを手にしています。
「自分で入れなさい!」

え~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!

「無理です・・・」
「ダメ!」
もちろん、「無理」と言ったところで、
通用しないことはわかってはいましたが・・・・・
自分で握りながら入れていくことに・・・。
「1・2・3・4・・・・・・・自分で数えなさい」
絞り出すような声で数えます。
やっとビーカーの水がなくなってほっとしたら、
すぐに追加の水を入れてきます!
18(だったかな?)くらいで入れながら出してしまいました。
でも出てくるのは水のみ・・・・

「出てこないじゃないか。もう1回」

え~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!

「無理です・・・・」
「無理じゃないっ!」
そしてビーカーに残っていた水+追加の水で
今度は30回弱我慢できましたが、
やはり同じように出てくるのは水のみ・・・・

「もう1回やるか?」
「無理です・・・・」
やっとお許しいただきましたが、その後の一言・・・・・

「さっきあれだけだしたんだから、もう実は出てこないよ 笑(高笑い?)」

わかっててやらせたんですかぁ~~~~~~~~~?
今回の浣腸は今までで一番辛かったです。。。。。



それにしても、今回は「自虐蝋燭」&「自虐浣腸」・・・・「自虐DAY」でした・・・



余談:
前回・前々回の調教の時に、もしかしたら?と思ったことがあるのですが・・・。
いつも調教の前日、体重が突然1kgくらい増えるんです。
そして調教が終わった後は、元に戻ってる・・・・・。
今回も同じく(1kg以上)・・・・・・。
そりゃ~あんだけ溜まっていたんだからなぁ~
やはり、その溜まっていた分の重さなのでしょうか?
同じような経験をしたことがある方・・・・ぜひコメントをお願いします・・・ 笑



最後になりましたが、遠方よりお越しいただき、
撮影してくださったO様、
ありがとうございました

(to be continued .......)




↓画像と若様の速報はこちら
「おっぱいと浣腸の世界、若の部屋」 若のDiary


11/14 調教 3(一本鞭+α) 

食事をしてから場所をミルキーに変えて・・・・
本来、調教は終了してその後のハプバータイム♪なはずなのですが・・・・・
この日の夜は・・・・調教並みでした~~~っ
(それ以上??)
なので、あえて、「調教3」というタイトルで・・・



ここでの責め・・・ひかりの予想は昼間できなかった「吊り」と「一本鞭」?

しかし、またもや予想を裏切られるのでした。
(今日は、ホントに予想が外れます・・・・笑)
それが若様の思うツボなのかもしれせんが・・・。


席を立つと、首輪とそこにつながった手枷を付けられ、
例の丸椅子に四つん這い・・・・・。
そして、(これは予想通りの)一本鞭を振っていただきました~♪
お尻から始まり、時々、腰~背中に強く振られ、
叫びながら、背中を反らせて衝撃を吸収したいのに・・・・

その時初めて、この首輪&手枷の威力に気づきます・・・・!
普通に四つん這いの時だと、手で踏ん張りながら上半身を反らせられるけど、
それができない!
逆に、後手に縛られて四つん這いの時だと、同じように手で踏ん張れないけれど、
体勢的に胸の辺りを支点にして、上半身を反らすことができる・・・
なのにそれもできない!

しかも両手は宙ぶらりん状態で手枷につながれているから、
力を入れるトコロがないのね・・・・・

そんな中、腰~背中への鞭で腰をひくと
「ちゃんと四つん這いになって!」と言われ、
(ここ最近よくされることなんですが、
足の裏を踏んで、無言の束縛をかけてきます・・・。)
一本鞭がお尻・腰・背中に当たり、
絶叫しながらも・・・・・次第に無痛空間へと向かうのでした・・・ ^^;
(この無痛空間へ向かう時の感覚が好き♪)
それなのに・・・そのまま逝ってしまうたびに、
少し弱く打ち続け、その後1発強いのがくると、
無痛空間とはいえ、覚醒されて・・・その繰り返し。。。

手枷だけを外していただき、手をだら~んとしながらグッタリしていると
爪を立ててお尻をひっかきはじめ、
爪の後は、何か先の尖ったモノでツンツンしはじめ、
また絶叫・・・・
「動くと刺さるぞ!」と言いながら、刺し続け・・・

だんだんと
(もうどうにでもして~~~っ!)
という気持ちが沸いてくるのでした・・・・ 笑


やっとツンツン攻撃から開放され、若様が私の頭の前に立ち、
首輪に手をかけはじめ、首輪を外してくださるのかと思っていたら・・・・!!!!
そのまま首輪の後ろを掴みながら上に引き上げ・・・
(首絞まる~~~っ 苦しい~~~~~っ)
もちろん、ほんの少ししか引き上げませんが、
それでもとっても苦しいのです!
一度おろして、また引き上げられ・・・
(苦しいはずなのに・・・なんだかフワ~ッという感覚・・・ ^^)
よく覚えていないのですが、何回かされていたような気がします・・・・


首輪を外していただいた途端に・・・・堕ちました・・・



首輪を引っぱる時、若様は丸椅子に座りながら引っぱっていたそうですが、
その椅子が私の汗でびっしょりだったようで、
若様のズボンは・・・おもらしをしたように(?)濡れてしまいました・・・
ごめんなさい。
でも・・・・・・
(これは当日も若様には黙っていたことなのですが・・・ 今ここで初めて白状します)
顔を椅子に伏せた状態で実は呼吸もしづらく、
そんな状態+ツンツン攻撃で半べそ状態(?)だったので、
もしかしたら(本当にもしかしたらですよ)汗だけじゃなくって、
ハナミズまで混ざってたかも?
ごめんなさい~~~~~~~っ



そして、ツンツンしていた「先の尖ったモノ」は
よくお菓子の袋を止めている針金のようなモノだったそうです。

↓コイツ。。。
20091114

後から見せられて・・・・・一言・・・

「こんなヤツに責められていたなんて・・・・・ くやし~~~~~~~っ」


(The End)

1/6 調教 1(導尿)  

今年初めての調教です。

未だにまだ「調教」となると緊張感が・・・・
待ち合わせ場所で待っている間や、
A-INで若様が準備をされている間は、
どうしても緊張でうつむきがちになってしまいます。

しかも、A-INでお部屋に入ると、
その部屋の設備を見渡しながら、
今日のイメージや段取りを考えていられるご様子・・・
その様子を見ていると、さらに緊張感が増してきます。



最初から・・・・・・いきなり「導尿」です!



初体験。
事前に伝えられてはいたものの、
えっ?導尿???
羞恥?痛いの?どんな感じなの?
と ?????? のオンパレードだったのです。


導尿エキスパート(?)のY様からやっていただくことに・・・


ベッドの上に上半身は高手後手に縛られて仰向けになり、
両足はM字に縛られ、閉じられないように両脇からベッドに縛られ、
アソコが丸見えですっ!!!!!!
全頭マスクもつけられて視界を塞がれ、これから何が起きるのか、
まったくわからない!


すると突然、冷たい感触が・・・・(消毒?)
尿道を探す指に、
次に起こるであろうコトを予期する不安感と、
また、見えないところでいじくりまわされている感覚に、
感じてしまいます。


その後、ハプニング(?)勃発!!!!


「あれ~?尿道がわからない」


(ん????)


Y様  「興奮していると周りが膨らんでわかりにくいんだよね」
若様 「ひかり!そんな興奮してるのか?」
ひかり「そんなことないです~~っ」
若様 「自分で広げなさい!」

ビラビラの部分を自分で広げさせられます・・・
(恥ずかしいよ~~~~~っ)

Y様  「これだよなぁ~ でも普通はす~っと入るのに、
    こんなに抵抗あるし・・・・!?」
若様 「ひかりは尿道まで筋肉なのか???」

(そんなことないです~~~っ!)


しばらくそんな会話の後、軽い痛みと違和感を感じたその時、
Y様と若様が同時に・・・


「出てきた~~~~~~~!!!」


はい・・・・それは、まぎれもない「おしっこ」でした。


自分では出している感覚はないものの、
音がメチャクチャ恥ずかしい・・・・・・



出し終わると、今度はそのカテーテルにローターを当ててきます。
逝きそうになってしまう姿を見て、
Y様からのローター攻撃を奪うように(?)若様にバトンタッチ。
クリに当てられるよりも、こっちの方が、
身体の内部にビリビリと振動が伝わってきて、気持ちいい、でも、不思議な感覚。
そして・・・逝ってしまいました・・・・・・
少し間を空けて、またローターが当てられ、
「逝く時は言うんだぞ」
「はい・・」


「逝く~~」
「まだだめ!」

「はい・・もう逝く~~」
「まだだめ!」

「はい・・・・逝かせてください~~」
「だめ!」

「はい・・・・・・・・逝かせてください~~っ!」


「もう逝ってるやろ! 笑」


・・・・・・・・
恥ずかしいことに、何度も何度も逝きまくっちゃいました。



そしてこれだけでは終わらず、
さらにその後、何やらY様と若様で密談が・・・・



なんと!
そのまま水を注入されます!
なんか変な感じ!?
ん!?
膀胱におしっこが溜まっていく感じ・・・・
何度も注入され、
その都度、変な感じと溜まっていく感がくりかえされ、
パニック状態に・・・・!

「何か入ってくる~~~」
「おしっこが溜まる~~~」
と叫び続けて・・・


最後に、やっとカテーテルから放尿をさせていただきました・・・・・


恥ずかしいのと、安堵の気持ちが交錯しながら、
気持ちよくなってしまいました・・・・

なんだか、今まで味わったことのない不思議な感覚の連続でした


Y様、どうもありがとうございました。




そして・・・若様は浣腸だけにとどまらず、
導尿プレイにもまた快感を見出してしまったご様子でした・・・


ah!!!!!!!!



(to be continued .......)




1/7 追記:↓画像と若様の速報はこちら

今年の初調教、相手はひかりです。今日のメニューは盛りだくさんです。導尿にはじまり、鞭、蝋燭、浣腸(グリセリン浣腸とコーヒー浣腸)。導尿では「新年おめでとう。」ということで「いつもより余計に逝っております~!」導尿器具一式            羞恥導尿シーン 鞭打ちはなぜだか反応がありません。(いつもより)不思議に思いながらもバチバチうちます。拘束鞭打ちこのあとの浣腸排泄シーンは壮絶です。ビクビク...
導尿・鞭・蝋燭・浣腸



1/6 調教 2(鞭・蝋燭)  

導尿で逝きまくっちゃって、早くもヘロヘロになったひかり・・・
しばらくたっても、尿道付近に「何かいる!」って感覚が続きます。


ベッドに連れて行かれ、
うつぶせで、両手両足を縛られ、ベッドに固定されます・・・
完全に四肢は引っ張られて、伸びきった状態です。

「今日は、楽な姿勢だから、物足りないかもしれない」と若様。

その姿勢のままひかりの両端にヒュ~ンと空を切る鞭の音・・・
その音を聞いただけでビクビクしてしまいます!

そして、お尻から始まり、あちこちに打たれる一本鞭。
最初の様子見はよかったのですが、
だんだんと強くなり、腰の上や背中にも当たり始め、
いつもなら逝ってしまうのに・・・・・

逝きそうなのに逝けない!

感じ方のことではなくて、体勢的に逝きたくても、
逝く時のふんばりが利かないっていう感じ。
鞭で逝く瞬間って、身体を曲げるようになってしまうのですが、
両手両足を引っ張られて、その体勢をとれないんです。
なので逝ける体勢になりにくい?
だからこそそのパニックも加わって余計に感じてしまうのです。


若様からは終わった後「(身体の)反応が少なかった」と言われましたが、
感じていなかったのではなく、反応したくても反応できなかったのです。
実はいつもよりも、数倍強烈に「感じてた」んですよ・・・
特に背中に強烈に当たる鞭が・・・気持ちよかったです^^


そんな状態でありながらも、次第に・・・
やっぱり逝っちゃいました・・・・・
そして、一度逝っちゃうともう何度も逝っちゃいます。


途中バラ鞭に変わり、背中を中心に叩かれ続けられ、思考能力は無くなり始め、
また一本鞭に戻り、
さらに背中を両手の爪でガリガリガリ~~


「キャ~~~~~~~~~ッ!!!」


そこまでは覚えているのですが、
この瞬間に記憶は途絶えました。

そこから先はしばし覚えていない・・・・です。





そして、突然、異なる痛みが!


最初はその痛みがなんだかよくわからなかったのですが、
少したってやっとそれが「蝋燭」だと解りました。
(なぜすぐにわからなかったんだろう??)
いつもは蝋燭はそんなに刺激が強く感じないのですが、
今回は、「熱い」よりも「痛い!」

あれだけ長い時間受けた(1時間近くとのこと・・・)鞭痕に垂らされるもんだから、
ピリピリ痛い!!!!

蝋燭でこんなに叫んじゃったのは、初めてだと思います。



若様は「鞭の後の蝋燭はそりゃ~痛いよね・・・・順番が違った」
とおっしゃっていましたが、
苦痛好きのひかり的には、今回の蝋燭は、今までで一番辛かったのに、
この痛さがとてもよかったです ^^;
むしろ、この順番でよかった 笑




ここまでずっと両手両足をベッドにつけられていて、
痛みを外に発散することができない状態で、
「痛さ」「辛さ」を内に閉じ込めるような耐え方をしていたせいでしょうか?
唯一発散できるのは、叫び声だけ・・・・
(本来は呼吸できるように胸のところにあった)枕に顔を押しつけながら、
いつもよりかなり大声で叫び続けていたらしいです・・・


それと、余談ですが、翌日になって気づいたこと。
痛みを発散(我慢?)するために、相当お尻に力が入っていたようです。
翌日は、お尻が筋肉痛でした 笑



(to be continued .......)


↓画像と若様の速報はこちら

今年の初調教、相手はひかりです。今日のメニューは盛りだくさんです。導尿にはじまり、鞭、蝋燭、浣腸(グリセリン浣腸とコーヒー浣腸)。導尿では「新年おめでとう。」ということで「いつもより余計に逝っております~!」導尿器具一式            羞恥導尿シーン 鞭打ちはなぜだか反応がありません。(いつもより)不思議に思いながらもバチバチうちます。拘束鞭打ちこのあとの浣腸排泄シーンは壮絶です。ビクビク...
導尿・鞭・蝋燭・浣腸



1/6 調教 3(浣腸)  

メイン(?)の浣腸・・・・・

手で足首を掴むような形でラップで拘束され、
アナルをほぐしてくださった後、
例のごとく、ガラス浣腸器が入れられ、
グリセリン液が入ってきます。
この入ってくる感触が実は好き^^

でもその直後は苦痛の連続です!

入れられた途端に、「苦しい」「出ちゃいそう・・・」
でも、今回はなぜかいつも以上に我慢したかったんです。
(特に理由はありません 笑)

我慢をしてると、
かろうじて自由になっている足の先をブルブルと震わせてしまいます。

すると若様、「足を動かすな!」

「はい・・」と返事はするものの、内心・・
(そんなこと言っても無理~~~~~~っ!)

鞭を打っていただき、(この時は蝋燭だったかも!?)
気を紛らわせていただきながら、
我慢をしていると、またグリセリンを追加され、
「足を動かすな!」と言いながら、鞭を振られる若様。

まるで先ほど(ベッド拘束で鞭)のデジャブ状態・・・ 笑

なんとか持ちこたえていると、
いちじく浣腸を数個追加され、
プラグで塞がれます。

「出すなよ」と言われますが、
すでに朦朧としてきていて、
力を入れたくても、頭で考えていることが身体に伝わらないのです。
どんな風に力を入れていいのか、わからない・・・

何度かプラグを落してしまった後、
やっとお尻がプラグを捉えてくれて(?)
また我慢・・・・

たぶんその後も鞭か何かで責められていたんだと思いますが、
覚えていません。

でも、かすかに思考能力は残っています。

「まだ出ないみたいだから・・」と言って、
一度プラグを抜かれます。
(よく、この時出さなかったなぁ~ と今になって驚き)
さらにお水が追加され・・・・
またプラグで塞がれますが、
もうこの時は、完全に放心状態・・・・・

ひかりによくある失神とは違い、
若様の言葉は遠くに聞こえてくるのです。
(何を言われたかわからないので、理解はできていなかったと思いますが・・・)
でも、それに答える言葉を発することや相槌を打つことすらできない。

若様曰く、その時のひかりは、
「何を言っても反応はなく、目の焦点があっていなかった」とのこと。

そして、ついに我慢の限界がきて、
いっぱい出しちゃいました。

出した瞬間に解放感からか、逝ってしまいました・・・・
出しながら逝っちゃったのは初めてです。
あんなに朦朧としちゃったのも初めてですが・・・ 笑


始める前に「飛ばすなよ!」と言われており、
出した後、「あれだけ飛ばすなって言ったのに」と言われてしまいましたが・・・


そんなこと言ってもムリです~~~~~っ



まだ出きらなくて、またお水を入れていただき、
すぐに出してしまいますが、
それでも、お腹が痛くて、それを伝えると・・・

「お腹痛いの治してあげるから」と言いながら、
なんと!コーヒー浣腸!!!!!!!!!
これも、一瞬のうちに出してしまいました。
ごめんなさい・・・・・・



なぜ、あれだけ我慢できたか自分でも不思議ですが、
その分、すごく苦しかった~~~~~~
(↑そりゃそうだ・・・・・ 笑)





この後、導尿担当兼ビデオ担当のY様は一足早くお帰りになり、
まだ少し時間があったので、吊っていただきました。

水平吊りにしていただき、若様が写真を撮っています。
次の瞬間、起こされました!!!!!



えっ!?縄酔い? それとも・・・もしかして・・・



寝ちゃってた????




(to be continued .......)



↓画像と若様の速報はこちら

今年の初調教、相手はひかりです。今日のメニューは盛りだくさんです。導尿にはじまり、鞭、蝋燭、浣腸(グリセリン浣腸とコーヒー浣腸)。導尿では「新年おめでとう。」ということで「いつもより余計に逝っております~!」導尿器具一式            羞恥導尿シーン 鞭打ちはなぜだか反応がありません。(いつもより)不思議に思いながらもバチバチうちます。拘束鞭打ちこのあとの浣腸排泄シーンは壮絶です。ビクビク...
導尿・鞭・蝋燭・浣腸



AFTER THE 調教・・・ 

ミルキー常連さんと合流し、食事をして、ミルキーへ・・・

しばらく歓談の後、
若様から「ひかりちゃん♪」
(ちゃん付けなんて初めて! 余計に怖い! 笑)

片足を上に上げて、吊っていただきます。
いつものごとく縄酔いしていたのですが、
お尻に一本鞭が当たった瞬間に、

(痛~~~~~~い!!!!)

精神的に入り込めていない時に強烈に「痛い」と感じることはありますが、
あんなに縄酔いしていたにもかかわらず、
こんなに「痛い」って感じるなんて・・・・?

でも、イヤな痛さではありません 笑


昼間の鞭の後の蝋燭の時と同じような感覚です。



時折打たれる股間への鞭には大絶叫!
足の裏に当たる鞭も大絶叫!

Nちゃんには、
「あんなに鞭で叫ぶひかりちゃんを見たのは初めて!」
と言われてしまいました ^^;
あれだけ縄酔いしていたにもかかわらず、
昼間の衝撃が身体に残っているのでしょうか?
「ものすごくピリピリする痛さ」が強烈でした。
それでも、ソレを快感に感じてしまうんですよね・・・・・ (沼)


縄を外し始めて、片足を解かれたところまでは記憶があるのですが、
そこまで・・・・・・





その後、今日初めてご来店のカップルさんの女性から、
吊られている時のこととか、鞭のこととか話が盛り上がりました。

この日は「M男一本鞭10発チャレンジデー」で、
あるM男性が女性から鞭を受けている姿を見て、
そのカップルさんの男性から
「彼女にバラ鞭を打ってあげて」と言われ、
「私、ちゃんとは打てませんから・・」
「それでもいいから」
ひかりはタジタジ・・・・・・・・

常連さんとかにお遊びで鞭を振ったことはありますが、
初ご来店の方になんて!!!!
一発だけ背中の横辺りに当たっちゃったみたいです・・・・
ごめんなさい。

ぜひ今度はパートナーさんからやってあげてください♪
その時は、ぜひ観覧させていただきます ^^


(THE END)

4/6 調教 1(鞭)  

久々の調教です。
久しぶりのせいか、いつもの調教の時以上に緊張・・・。
鞭の痛さや浣腸の辛さを忘れちゃってるんじゃないか?
なんて思ってしまったり、
ましてや今回は2~3日前に「新兵器あり」なんて聞かされているもんだから、
「ん??新兵器???」とさらに不安が募ります。


待ち合わせ場所で、若様と撮影担当のS様と合流します。
S様とは初対面で、さらに緊張が増長!
その緊張を隠すかのように、車のなかでは、
たわいもない話をしまくるひかりでした。。。。


そして、A-inに到着。
今まで、撮影に最も向いていると言われる同じパターンのお部屋しか
入ったことがなかったのですが、
今回はそのお部屋は空いておらず、初めて見るお部屋。
トイレもシャワーも丸見えじゃないですか!!!!!

若様が準備をしている間、
部屋の隅でちっちゃくなりながら、準備の様子を見ていると、
「何今からそんなに縮こまってる?」と言われますが、
「・・・・・・」しか返答のしようはありませんっ!



そして、ショーツ1枚になり、
「苦しいかもしれないなぁ。苦しかったら言って。ま、言えたらだけどな。」
という言葉でさらに不安と緊張はMAXに!
ベッドからおろしたベッドマットの上で、上半身は高手後手で膝まづく形で、
両足を括りつけられ、さらに上のフックに固定されます。

(このお尻を突き出した体勢は・・・・鞭?)

予想通り、一本鞭がお尻に背中にと響いてきます。
いきなり絶叫~~~
いつもだと段々に痛さの感覚が薄れていくのですが、
今回はそのような状況になっていくタイミングを見計らって、
突然強くなったり、打つ場所を変えてきます!
特に背中に当たる鞭は身体の中にズシ~~ンときます。。。。
その度にまた強烈な痛さが襲ってきて、覚醒される!!!
(後でそれを伝えたところ、「当然それを見越して責めてた」らしいです(T T))

途中で上半身を降ろされ、また鞭が続きます。
横向きにされて、胸やお腹にも鞭が振りおろされて、
朦朧→覚醒→朦朧→覚醒 の繰り返し。
その度に絶叫しまくっていた気がします。

気がつくと縄を解きはじめているではありませんか!!!
胸縄を外す際には、何度も乳首の上を縄をすべらせたり、
乳首を縄で挟み込まれたり・・・・・・
その都度、絶叫~~~~
すべての縄が外されると、
うつ伏せに寝かせてくださいました。


ひとときの解放感と脱力・・・・・


なんて思ったその直後、さらにうつ伏せの背中に鞭が飛び始めます!!!

(解放・・・だなんて・・・甘かった・・・)

ひっくり返されると、乳首には洗濯バサミまで取り付けられ、
鞭で払われ、またもや意識が飛んでる・・・・・・



もしかしたら、ここまでの報告自体、順番が違ったり、
その後のプレイと混合してしまっているかも?
今、一生懸命思いだしながら書いているのですが、
ん~~~~ 定かではない・・・・ 




そして、この朦朧状態は、この日1日中繰り返されるのでした・・・
何度記憶を失ったんだろう?



(to be continued...)



4/8 追記:↓画像と若様の速報はこちら

久しぶりにひかりの調教です。ひかりは久しぶりということもあり少し緊張していたようです。まず吊って鞭うち。吊りおろして鞭うち。縄をといて鞭うち。再び縛り…
ひかり絶叫!



4/6 調教 2(低周波治療器)  

(つづき)

ほんの少しの休憩後、「休んでいる暇はないぞ」の言葉に、
また緊張感が走ります・・・・・

布団をくるめて、それを背もたれにして、
高手後手の状態で座らされます。
そして、両足をV字状態に引き上げられ、何が起こるのだろう?
と思ってしまいます。

(この姿勢は鞭でも蝋燭でもないよなぁ~~
 もしかして・・・新兵器ってやつ?
 だとしたら・・何??)

それを見届ける前にマスクを付けられて、視界が塞がれます・・・・

両足の付け根に何やらペタッと貼り付けられて・・・・

(もしかして・・・低周波治療器?)

しばし沈黙の空間の後、ビリビリき始めます!
さまざまに変化する周期パターンに

ワァ~~~~~~~~~~~~~~ッツ!

「まだ弱いほうなんだぞ」

「・・・・・・・・」

しばらくすると、突然強くなります!

足全体が痙攣し始めますが、
足以外は体を動かすことができない!

若様は笑いながら見ているようです・・・



パットの位置を少し変えられて、また強くしたり弱くしたり・・・
自分の意思とは無関係に全身がビクンビクンと跳ね上がる~!
脳と体が別々のモノになってくる感じで、わけがわからない!
超パニック状態に陥ってしまいました。


やっとパットを通して体に伝わる振動が止まり、
足の縄を解いてくださり、安心したのも束の間。

上半身はそのまま固定され続け、
足は、M字開脚させられ、またもや振動が始まります!
おもわず足を閉じると、若様の手でまた開かされ、
全身のビクンビクンが再来!
さらに乳首に洗濯ばさみが追加され、
ビクンビクンすると洗濯ばさみが揺れ動き・・・・・


(もうどうにでもして~~~~っ)


さらにわけわからないパニックは続き、
どのような状態で終わったのか・・・覚えていません。



グッタリしていると、若様から
「どうだった?」
「・・・気持ちよかった」
次の瞬間、大笑いされちゃいました。
「え~~~っ?気持ちいい!?ホントは痛がるはずだったのに・・・」

(・・・・・)





そして、後からお聞きしたところによると・・
その最中はブリッジし続けていたらしいです (恥)
→後日の若様の日記を見たところ、
ブリッジではなくて、リンボーダンスだったらしい・・・



(to be continued...)



4/8 追記:↓画像と若様の速報はこちら

久しぶりにひかりの調教です。ひかりは久しぶりということもあり少し緊張していたようです。まず吊って鞭うち。吊りおろして鞭うち。縄をといて鞭うち。再び縛り…
ひかり絶叫!



4/6 調教 3(浣腸)  

(つづき)

「少しだけ休憩していなさい。
大好きなことをやってあげるから・・・」

(「だけ」ですかぁ~~~?)

言いながら若様は「いつものお道具」を手に、
トイレに向かいます。

そう、トイレと言っても、檻のようなところにあるトイレ。
つまりは丸見えなんですよね・・・
便器は洗面台よりもさらに大きな四角いもの。
そして、なぜか(!)正面には手枷がついていますっ!!!!!


本当に少しだけの時間の後、
「はい、もう休憩は終わり!」
胸縄だけ縛られて、トイレに連れて行かれます。
胸縄を上のフックにつながれて、
両手首は手枷に括りつけられて、
便器の前に立たされて・・・・・・・・
もちろん、この後に何が起こるかは一目瞭然!!

(ムリ~~~~~~~!こんな姿勢じゃ我慢できるはずがないっ)

そんな思いもむなしく、指で中身(?)を確認されます。
「いっぱい溜まってるなぁ」と言いながら、
グリセリン入りのガラス浣腸器が入ってきます。
2回目も続けて入れられますが、入らないらしい・・・・
「力抜いて!」
一生懸命力を抜こうとしますが、この立っている体勢だと、
抜き過ぎると最初の液を出してしまいそうになり、
力の抜き方がわからない!
一度浣腸器を抜いてくださり、そのまま放置。
1分も経たないうちから、身体の中に変化が!

(まさか、これで漏らすわけにはいかない・・・)

と我慢していると、先ほど入らなかった分が入れられ、
今度はちゃんと入りました。

さらにしばらく放置されます。。。
プラグやディルドでの栓もなし、電マも鞭も蝋燭もなし。
そのまま我慢するのは、気を紛らわせることもできないので、
かえって辛い!
さらに想像通り、立っている姿勢ではふんばりもきかない!

なんとか我慢をしていると、さらに500c追加されます!
苦しいのに、それが入いりきった時の感覚が、ア~~~~ッと感じてしまいます。
これまでは、入ってくる感覚が気持ちいいということはあったのですが、
その入りきったその感覚を気持ちがいいって感じたのは初めてです。

でも当然、その直後は辛いのね・・・・

(狭~~いトイレの中だから、鞭は無理だろうから、
 せめて、電マか蝋燭で気を紛らわせてほしい)

と思っていた矢先に私の身に起きたのは、
なんと!一本鞭でした。
これは絶対にない!と思っていたので、
突然の痛みにかなりビックリしてしまいました。
「何か気を紛らわせること」を望んでいたにも関わらず、
想定外の痛みにうろたえ、
さらに、立った姿勢で浣腸されたまま(すでに1リットル入っていたそうです!)
鞭を受けて、というのは、力の入れ具合がまったくコントロールできないんです!

それでもなんとか耐えることができたと思ったら、
さらに追加され・・・・・・・・鞭も加わり・・・・・・
徐々に立っている足にも力が入らなくなってきます。
でも手は手枷につながれているので、しゃがむこともできず。




・・・・・と私の記憶はここまで・・・・・・・・!




もちろん排泄はしたようなのですが、うっすらとした記憶でしかない・・・
次の私の記憶は、またもやベッドマットの上に横たわっていました。





気づいてからもなかなか起き上がれずにいたのですが、

「お腹痛い・・・・・・・」

ひかりの場合は、いつも最初の浣腸をされて出した後から
お腹が痛いのが襲ってくるのです。

「お腹が痛い」と伝えると、「治してあげよう」
治してあげよう=再度、お水を入れられる
ってことなのですが、そうしていただけると痛みがなくなることがわかっているので、
「お願いします」と、またトイレへ。

今度は便器の縁に立たされ、そのまま腰を下ろす姿勢になり、
お水を入れていただきました。
かなりたくさん入れられて、一度出してしまった後にも、
さらにもう一度・・・・

今までで一番たくさん入れられたかも!?
合計で3リットル以上だったそうです。。。。。。。。



でも、若様からの褒め言葉は、
我慢したことでも、その量でもなく・・・・・・・





「よくあの便器の上であれだけの時間あの状況で、
(便器に)落ちなかったなぁ~~~~ 笑」






日頃、鍛えておいてよかった!? 爆







これまた、後でお聞きしたところ、この浣腸の時のひかりは、
手もお尻も足もガクガク・ブルブル・ビクビクとしていたそうです。
本日のひかりは、若様命名「セルフビクビク」だそうです (T T)




(to be continued...)



4/8 追記:↓画像と若様の速報はこちら

久しぶりにひかりの調教です。ひかりは久しぶりということもあり少し緊張していたようです。まず吊って鞭うち。吊りおろして鞭うち。縄をといて鞭うち。再び縛り…
ひかり絶叫!



4/6 調教 4(鞭)  

(つづき)

時計を見ながら、「まだ時間あるぞ」
「はい・・・・」



初めて経験する「胡坐縛り」をしていただきました。


ひかりは、苦しくなる縛りは好き(?)なのですが、
これってすごく苦しそう・・・・
さすがに、不安になってきます。


縛りが完成した途端に、息が荒くなってくるのが
自分でもわかる・・・・・・・




無防備な背中にはまたまた一本鞭が!!!
身動きできない状態への重い感覚に絶叫~~~~~~
上から、横から、打たれ続け、
叫びながらも、頭の中はボ~~~~~~ッとしてくるのです。


しばらく続いた後、そのまま前に転がされ、
完全に思考能力はゼロ・・・・・・・・




またもや、気がつくのは縄が解かれてから・・・・・
(今日はなんでこんなに(いつも以上に)覚えていないの???)




後から教えていただいた様子だと、
鞭を打たれている間、ず~~~っと絶叫していたそうですが、
転がした後、ある時点から、いくら打っても無反応になったそうで、
「そろそろ限界かな?」
と縄を解き始めてくださったそうです。
そして、その後は過呼吸になっていたらしい・・・・・・。





それにしても本日は「鞭のオンパレード」でした。
そして・・・絶叫→無言のオンパレードでもあった気がする・・・・・




とりあえず、声が枯れてなくてよかった ^^;





(to be continued...)



4/8 追記:↓画像と若様の速報はこちら

久しぶりにひかりの調教です。ひかりは久しぶりということもあり少し緊張していたようです。まず吊って鞭うち。吊りおろして鞭うち。縄をといて鞭うち。再び縛り…
ひかり絶叫!



調教 その後・・・・ 

(つづき)

A-inでの鞭&絶叫オンパレードも終了し、
そしてその後は、ミルキーへ。。。。。

若様はその日、2時間ほど緊縛講習会の講師をされています。
縛る方と縛られる方はご夫婦。
そのお二人のお友達の方がそのご夫婦からの要望で写真を撮っています。
(注:当然ここでは他人の写真撮影は禁止です
今回はご本人の要望でお友達が撮影していました)
縛り手さん、講師の方、撮影の方に間近で見られながら縛られている光景を見ていたら、
「恥ずかしそう・・・・・」って思ってしまったのですが、
よ~く考えると、その日の昼間のひかりは・・・・・
もっと恥ずかしい姿を若様・ビデオ撮影のS様から超どアップで撮られていたわけで、
後日皆様に公開されちゃうんですよね・・・・
されている時の自分は、そんなこと気にしている余裕がなかっただけで・・・
素の状態で、そんなこと考えていたら、
メチャクチャ恥ずかしくなってしまいました。



そんなことも考えつつ、常連の方や初対面と方とお話が盛り上がっていると・・・。
緊縛講習を終えたばかりの若様からお呼びが!!!!!



あっという間に片足逆さ吊りにされ、
縄酔いで早くも朦朧と・・・・・・
そしてその後は、昼間に続いて鞭が!!!!!!
(せめてもの救いは、縄酔いがあったこと)
ここでの鞭は、昼間と異なる痛さの鞭。
昼間の刺激も残っているせいか、
またもや絶叫タイム(?)になってしまいます。




しかも、ピンポイントにひかりの弱いところを狙ってくる!!!!



ふくらはぎ、股間、足の裏・・・



そんなうちに今日何度目かわからない朦朧感が。。。。。




そしてまた・・・・・どっかにいっちゃった・・・・・






今まで何度も気を失ったりしたことは数多くあるけれど、
この日は、すべてのプレイで気を失ってしまいました。





こんな状態は初めてです。
普通の生活じゃ、一日に何回も気を失うなんてことは
まずないですよね・・・・・・
たとえSMでも・・・・・・

久しぶりのせい?
それだけではないとは思うのですが・・・。

きっと若様や撮影のS様も呆れられていると思いますが、
それ以上に自分が一番びっくりしています・・・・・


そして。
今日一日で何発鞭を打たれたのでしょうか?
若様にこの質問をしたら
「300発くらいになるかも」
「・・・・・・・・」
300発はオーバーな返答だと思いますが
いずれにしても、今までで最高記録かも?





回復後、初対面の方(初ご来店の方)とお話をしていて、
責められている時の様子を聞かれて、
めちゃくちゃ恥ずかしくなってしまいました。
「さっき(責められてる時)とは別人みたいな恥ずかしがりかたですね」
と言われ、さらに恥ずかしくなるひかり・・・。
以前にもブログに書きましたが、
終わった後の会話はものすごい羞恥責めなんです・・・・・・・・


羞恥攻めのポイントが違う?????



(THE END)



    ひかりです♪

    苦痛系の責めを我慢することが
    大好きなM女です^^

    苦しさから解放された時・・・
    限界まで追い込まれて、
    そこから急降下する感覚・・・
    一気に悦びがわいてきます♪

    若様との出会いから・・・
    どんどん変化していく自分がいます。
    そんな自分がとても嬉しく
    そして・・・・・・幸せです♪

    調教記録というよりは、
    成長記録かな?

データ取得中...
    QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。